戻る

補足事項

(1)個人戦の組合せ時に考慮するその他の事項は以下の通り。

   *各学校のランク順にシード順位が低くなるようにする。シードの位置はこちら

   *シードのすぐ横に同じ学校が集中しないように配慮する。

   *決勝トーナメントにおいては同じ予選ブロックの選手同士が1回戦では当たらないように配慮する。


(2)組合せのトーナメント表は、まずシードを入力した後、申込用紙に記入してある登録番号をパソコンに入力。
   いろいろな配慮を考慮したExcelの関数を用い、全ての選手にシード番号を付ける。
   その後、シード順を選手番号順に並び替え、トーナメント表の出力を桐でする。

   関数で使用する山の記号はこちら。(トーナメント数が72の場合1〜72の記号はこのようになる

(3)記録冊子(B5サイズ)を作成する必要があるため1ページに納める数は、ダブルス・・・60 シングルス・・・80まで。
    2ページ分けの場合の数  4ページ分けの場合の数

(4)トーナメント表が複数ページにわたる場合は、偶数ページの選手番号順の並びがひっくり返る。
   (つまり第2シードがページの右下に位置するのではなくて左上に位置する)