***コートのことを知りましょう***


コートは縦方向が13.4m、横方向が6.1mの長方形です。
ラインの幅は40mmで黄色か白色が望ましいとなっています。
ネットを固定する支柱のことを「ポスト」といい、コート面から1.550mの高さです。
ネットは上縁に幅75mmの白色テープを二つ折りにして覆い、中央で1.524mの高さです。



《ラインの名称を覚えましょう》

13.4mのライン → 「ダブルスサイドライン」 「シングルスサイドライン」
 6.1mで内側にあるライン → 「ロングサービスライン」
 6.1mで外側にあるライン → 「バックバウンダリーライン」(兼ロングサービスライン)
 3.88mでコートの中心にあるライイン → 「センターライン」
 6.1mでネットにいちばん近いライン → 「ショートサービスライン」


《ラインテープの貼り方を知りましょう

京都府高体連バドミントン部では京都スポーツ提供のラインテープを使用しています。
公設体育館などでは、試合前に選手諸君によってラインテープを貼ってもらいます。
ここではラインテープの貼り方を記述しておきます。@〜Eはテープ1巻を表します。
                                       (1箱6個入り)
  @:Aサイドから センターライン と サイドライン
  A:Aサイドから バックバウンダリーライン と ロングサービスライン と ショートサービスライン
  B:Bサイドから センターライン と サイドライン
  C:Bサイドから バックバウンダリーライン と ロングサービスライン と ショートサービスライン
  D:Bサイドから サイドライン
  E:Bサイドから サイドライン

 このように貼ると、効率よくテープがあまり、再利用できるのです。



戻る